eco AD エコアド

街頭配布・ポスティングがさらにパワーアップ!! お問い合わせ:Tel.03-5250-1155 Fax.03-5250-1157

“配布”屋 リンク社員の気まぐれ日記

2012.05.31
グランドオープンイベント「eco-ADトート」による街頭配布

PACHINCO ENTERTAINMENT マルハン鶴見店様のグランドオープン前の街頭配布を、4日間連続、各日18人の『エコアドガール』が、鶴見、川崎、菊名、新川崎、鹿島田、矢向の6駅で実施いたしました。

街頭配布 トートバッグ

鶴見でウェットティッシュ配布するエコアドガール

 

配布物はウェットティッシュだったこともあり、大変喜ばれ、マルハン様の知名度と地域の方々からの期待感も相まって、多くの人に受け取っていただきました。

街頭配布物を受け取る通行人の方

トートバッグに広告を入れてその場の分かり易さが受け取り率向上に

 

 

 

 

 

 

目立つ外観とかわいいエコアドガールは、多くのご質問もお受けしました。

街頭配布中に話しかけられるエコアドガール

思わず「何のオープン?」と話しかけられるお客様

 

 

 

 

 

 

『eco-ADトート』を携えた『エコアドガール』は、明るく元気よく街頭配布を行いましたが、お尋ねごとのあるお客様には、丁寧な対応をさせていただきました。

トートバッグを持って街頭配布するエコアドガール

トートバッグで何の配布か伝えやすい

 

 

 

 

 

グランドオープンであったマルハン鶴見店様にも連日多くの方が事前会員登録に訪れ、ご満足いただけたようです。

受け取りがよいエコアド

新店オープン告知に効果をあげたエコアドトートでの街頭配布

 

 

 

 

『新店オープン告知イベント・街頭配布』でエコアドガール出動の予定がいくつかあります。今後もプロモーション実績を報告していきます!

2012.05.01
OOHとは

 

オーオーエッチと読みます。

 

“アウトオブホーム”「Out Of Home」の略の、いわば業界用語。

 

ちょっと丁寧に使われる時は“アウトオブホーム・メディア”「Out Of Home Media」

意味は、「自宅以外で接触する広告媒体」のことです。

分かりやすく言うと、交通広告屋外広告など。 OOH広告、OOHメディアともいいます。

 

具体的には、街を走っている公共のバスやトラック、電車、飛行機などにラッピングされた広告、空港や駅の看板も含む「交通広告」。

建物の屋上、壁面を利用した看板やネオンサイン、道路沿いのビルボードなど、よく「広告募集中」と書かれているそれも含んで「野外広告」。

これらふたつが分かりやすい例。

 

ところがもっともっと種類ががあります。

ウチの商売でもある、 フリーペーパーラック。 スーパー、コンビニ、ショッピングセンターなどの店頭にラックを設置して通りがかる方が 自由に取っていく場を提供するサービス。

もっと分かりやすいのでは、スーパーや商業施設店頭のディスプレイ、クッキングスタジオ内の広告、建築中のビルの仮囲いを利用した広告、 街頭でのイベント街頭配布サンプリングなどもOOHメディアと言えるのではないでしょうか。

街頭配布 サンプリング ポスティングをパワーアップするエコアドパラソル3人

エコアドガール3人でパラソル

インターネット/モバイルとのかかわりでは、OOH広告から携帯電話のモバイルサイトへ誘導するマーケティング手法が試みられています。 それらは、O2O(オーツーオー)といわれています。 オンラインtoオフラインの略ですが、これの深堀は深みにハマるのでこれくらいに。

 

弊社のサービスは、誰が言い出したか分かりませんが、“OOH”にハマります。

ラックによる冊子類の配布 ・ちょっとかわいい女性や男性が街頭で通行者へ配布 はたまた、こんな目立つ広告を付けながら宣伝広告走行。 そして、目立つ格好での配布。

 

ポスティング駅前街頭配布折込チラシのみではレスが思ったように上がらなくなってくる事で悩まれているお客様からの相談で開始したエコサイクル・エコアド

確かに、受け取る側からすると、何の気なしに受け取って後から見たら「なんだこれ」と“捨てるモード”へ。 しかし、目立つスタイルで「あ、○○屋さんか」と認識しつつ受け取ったものは“後で見てみようモード”へ。

 

インターネット広告と違って効果測定が測りづらいのが難点ですが、新店OPENで来店者へ実施したお客様でアンケートをとったところ、 なんと2割のお客様が「自転車宣伝走行の広告を見た」と回答していました。

 

OOHメディアと聞くと?ですが、街頭や街中では情報が多すぎて記憶されなくなってきている昨今、 自分達でやりながらも、こんな「変わったメディア」も面白いな、と思っています。

 

 

導入をご検討の方はお気軽にご連絡ください

ページの先頭へ